導入事例4 – Bangkok Mass Transit System Public Co., Ltd.(タイ) Prasit Promsurapartさん

バンコク高架鉄道BTS (Bangkok Mass Transit System Public Co., Ltd.)
HRマネージャー
Mr. Prasit Promsurapart

今後の路線の延伸計画

BTS Dark Greenラインは、ラートプラオ五差路駅から北上し、2019年年末にカセートサート大学駅まで開業しました。
さらに2020年10月頃までにはKhu Khot Staionまで開通する予定です。
工事が完了した区間から順次サービスを開始するでしょう。

優秀な従業員を選抜するために内田クレペリン検査が使われる理由

BTSはタイで初めて内田クレペリン検査を導入した都市鉄道事業者です。
2006年にタイで内田クレペリン検査を紹介されるまでは、運転手選抜のための別のツールを検討していましたが、日本では鉄道従事者に対して鉄道運転関係者を選抜するために内田クレペリン検査が義務付けられていることを知り導入に至りました。
内田クレペリン検査は私たちの問いに答えを出します
使用してみると、電車の運転に適した性格・行動特性とそうでない性格・行動特性があることが分かりました。
鉄道は安全でなければなりません。
内田クレペリン検査は私たちの要求を満たすことができます。
今では私たちは、電車の運転手だけでなく、オフィススタッフでも、必要な人材を選抜することができます。

内田クレペリン検査導入前・導入後の変化

安全性と規律の面で、適した人格があることが分かりました。
使用前と使用後では明らかに違います。
私たちは、内田クレペリン検査の判定結果で最終決定をしています。
これは非常に明確です。

導入後の事故削減について

インシデントはまだ残っていますが小さなものです。
大きなインシデントはありません。
残ったインシデントは防ぐことができるヒューマンエラーです。

今後の使用に関して

すでに10年以上内田クレペリン検査を使用していますが、これは私たちのニーズを満たしているからです。
これからも使い続けます。



海外での外国人採用にも日本国内の日本人採用と全く同じように使用することができる作業検査法適性検査・パーソナリティ検査
「内田クレペリン検査」のご依頼は、各国・地域の最寄りの販売店にご相談ください。

東アジアの販売店

東南アジアの販売店

南アジアの販売店

  • インド
    Pasona India(グルグラム、チェンナイ、ベンガルール)

最寄りの販売店が見つからない、複数の地域での実施をご希望、などの場合はフォームからお気軽にお問い合わせください。