日本・精神技術研究所が「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム」に加盟しました。

この数年、技能実習生の受入れを中心に、外国人労働者の選抜やアセスメントに内田クレペリン検査をご使用いただく機会が増えています。
内田クレペリン検査の開発元日本・精神技術研究所は、

  • 外国人労働者受入れに関する情報や優良な取り組みを共有します。
  • 外国人労働者に適切な情報を提供するとともに、直接「外国人労働者」の声を聞くことを通じ、現場で生じている課題の解決策について検討し、諸機関と連携します。
  • 日本の関係者が外国人労働者のより良い受け入れに取り組んでいることを発信し、日本の評価を高めるとともに、外国人労働者に日本を選んでいただけることを目指します。

という理念に賛同し、「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム」に加盟いたしました。

また、同プラットフォームには、ミャンマーの内田クレペリン検査販売店J-SAT Co., Ltd.も加盟しております。