「タイ周辺のあれこれ」カテゴリーアーカイブ

2020年 港別 タイ人入国者数ベスト10

2020年度訪日タイ人数は、新型コロナウイルスの影響で激減しています。
そんな中、珍しく福島がランクインしています!

1月~5月合計
2019年 634,504
2020年 222,655
前年同期比 -65%↓
1 成田(空港) 86,223
2 新千歳(空港) 42,755
3 関西(空港) 41,341
4 中部(空港) 21,404
5 羽田(空港) 15,162
6 福岡(空港) 7,178
7 那覇(空港) 4,163
8 仙台(空港) 2,364
9 広島(空港) 919
10 福島(空港) 528
1月 2月 3月 4月
2019年 95,852 110,018 149,893 167,923
2020年 116,123 100,245 6,049 139
前年同月比 21%↑ -9%↓ -96%↓ -100%↓
1 成田(空港) 44,852 37,683 3,662 19
2 新千歳(空港) 22,982 19,706 67 0
3 関西(空港) 22,458 18,171 711 0
4 中部(空港) 10,662 10,359 383 0
5 羽田(空港) 7,390 6,577 984 120
6 福岡(空港) 3,743 3,258 177 0
7 那覇(空港) 2,322 1,815 26 0
8 仙台(空港) 1,231 1,120 13 0
9 広島(空港) 334 564 21 0
10 福島(空港) 0 528 0 0
5月 6月 7月 8月
2019年 110,818 65,293
2020年 99 155
前年同月比 -100%↓ -100%↓
1 成田(空港) 7
2 新千歳(空港) 0
3 関西(空港) 1
4 中部(空港) 0
5 羽田(空港) 91
6 福岡(空港) 0
7 那覇(空港) 0
8 仙台(空港) 0
9 広島(空港) 0
10 福島(空港) 0
9月 10月 11月 12月
2019年
2020年
前年同月比
1 成田(空港)
2 新千歳(空港)
3 関西(空港)
4 中部(空港)
5 羽田(空港)
6 福岡(空港)
7 那覇(空港)
8 仙台(空港)
9 広島(空港)
10 福島(空港)

出典:出入国管理統計統計表

プレスリリース:日系企業がタイのウボンラーチャターニー・インダストリー社とタイ東北部における地方創生・工業団地開発で提携

タイ東北部にあるウボンラーチャターニー県で初の工業団地開発を進めるウボンラーチャターニー・インダストリー社は、開発加速のため複数の日系投資家から資金調達を行ったと発表した。

この資金調達には、タイ法人「ウェルネス・ライフ・プロジェクト・タイランド社」、日本法人「アセアンジャパンコンサルティング社」のタイ子会社「カイガイ・アドバイザリー社」、日本法人「アジア・ダイナミック・コミュニケーションズ社」の、日系3社が応じた (金額は非公表)。

ウボンラーチャターニー・インダストリー社は、2018年に設立されたウボンラーチャターニー県を拠点とする工業団地デベロッパーである。
創業者のSuwiwatana Lerdsurawitaya氏は、同県にて製紙原材料、精米、不動産、大学寮、木炭製造などを手掛け、同社は県内最大規模のコングロマリットを形成する。

ウボンラーチャターニー県はタイで3番目の人口規模(180万人)を誇る巨大な人材供給源であり、ウボンラーチャターニー大学を始めとする高等教育、職業訓練教育などが盛んな県でもある。

人口規模、高度人材輩出だけでなく、地理的にインドシナ半島の中心に位置しており、ベトナムやラオスにも極めて近い地理的優位性を持っている。

同社は日系3社の資本参加を受け開発を加速するとともに、新型コロナウィルスパンデミックや米中摩擦の影響で、製造拠点を中国から分散させる企業の受け皿としてのポジションも目指すとしている。

また2020年現在、タイ政府が集中的に投資を進めているタイ東南部沿岸開発EECプロジェクトを補完する工業団地になることが期待されている。

会社概要:ウボンラーチャターニー・インダストリー株式会社
(Ubon Ratchatani Industry Co., Ltd.)
資本金:2億2500万バーツ
住所:27 Moo 23 Muang Det Subdistrict, Det Udom District,
Ubonratchathani Thailand 34160

https://www.ubi.co.th/
https://www.facebook.com/UBI.JPN/

■日本国内の問合せ先■□■□■□■□■□■□■□■□■

アジア・ダイナミック・コミュニケーションズ株式会社
Asia Dynamic Communications Co., Ltd.
〒106-0031
東京都港区西麻布1-8-12

■タイ国内の問合せ先■□■□■□■□■□■□■□■□■

アセアンジャパンコンサルティング株式会社
ASEAN JAPAN CONSULTING Co.,Ltd
(タイ法人:Kaigai Advisory Co.,Ltd)
https://www.asean-j.net/

ウエルネスライフプロジェクト(タイランド)株式会社
Wellness Life Project (Thailand) Co.,Ltd.
https://baantao.com/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

タイ都県別人口

タイの2019年都県別人口データです。

バンコク都以外では、ナコーンラーチャシーマー県(通称:コーラート)が突出しています。
現在、ラオス、ベトナムへのゲートウェイとして新しい工業団地(仮称:ウボンラーチャターニー工業団地)が計画されているウボンラーチャターニー県は3位。
タイ在住者でもチアンマイ(チェンマイ)県が2位だと思っている人も少なくありませんが実際は5位です。ちなみに、チェンマイはタイではなく、ラーンナー王国の古都です。

尚、登録人口567万人のバンコク都の実際の人口は、Wikipediaによると、登録していない住民も含めると1,082万人にも上るようです。

(単位:千人)

順位 都県名 人口統計
(2019)
1 バンコク都(クルンテープ・マハーナコーン) 5,666
2 ナコーンラーチャシーマー県 2,649
3 ウボンラーチャターニー県 1,878
4 コーンケーン県 1,803
5 チアンマイ県 1,779
6 ブリーラム県 1,596
7 ウドーンターニー県 1,587
8 ナコーンシータンマラート県 1,562
9 チョンブリー県(パタヤー特別市含む) 1,558
10 シーサケート県 1,473
11 ソンクラー県 1,436
12 スリン県 1,397
13 サムットプラーカーン県 1,345
14 ローイエット県 1,305
15 チアンラーイ県 1,298
16 ノンタブリー県 1,265
17 パトゥムターニー県 1,164
18 サコンナコーン県 1,153
19 チャイヤプーム県 1,137
20 スラートターニー県 1,068
21 ナコーンサワン県 1,060
22 ペッチャブーン県 992
23 カーラシン県 983
24 マハーサーラカーム県 963
25 ナコーンパトム県 920
26 カーンチャナブリー県 896
27 ラーチャブリー県 873
28 ピッサヌローク県 865
29 スパンブリー県 846
30 プラナコーンシー・アユタヤー県 820
31 ナラーティワート県 808
32 ロッブリー県 756
33 ラムパーン県 738
34 ラヨーン県 735
35 カムペーンペット県 726
36 パッターニー県 725
37 チャチューンサオ県 720
38 ナコーンパノム県 719
39 ターク県 666
40 サラブリー県 646
41 トラン県 643
42 ルーイ県 643
43 スコータイ県 595
44 サムットサーコーン県 585
45 サケーオ県 566
46 プラチュワップキーリーカン県 554
47 チャンタブリー県 538
48 ヤソートーン県 537
49 ヤラー県 536
50 ピチット県 536
51 パッタルン県 525
52 ノーンカーイ県 522
53 ノーンブワラムプー県 513
54 チュムポーン県 511
55 プラーチーンブリー県 495
56 ペッチャブリー県 485
57 ナーン県 478
58 クラビー県 477
59 パヤオ県 472
60 ウッタラディット県 453
61 プレー県 442
62 ブンカーン県 424
63 プーケット県 417
64 ラムプーン県 405
65 アムナートチャルーン県 378
66 ムックダーハーン県 353
67 ウタイターニー県 329
68 チャイナート県 327
69 サトゥーン県 324
70 メーホンソーン県 284
71 アーントーン県 280
72 パンガー県 269
73 ナコーンナーヨック県 261
74 トラート県 230
75 シンブリー県 208
76 ラノーン県 193
77 サムットソンクラーム県 193
合計 66,559

タイ就学年齢人口に対する就学率 2018

2018年タイ人就学率データです(2020年3月18日発表)。

教育レベル 年齢 2018年
総計 3-21 82.33%
幼児教育合計 3-5 82.77%
3年制幼稚園1年目 3 46.70%
3年制幼稚園2年目および2年制幼稚園1年目 4 95.94%
3年制幼稚園3年目および2年制幼稚園2年目 5 103.13%
小学校準備クラス 5 0.05%
小学校合計 6-11 101.38%
小学校1年生 6 104.74%
小学校2年生 7 98.69%
小学校3年生 8 103.15%
小学校4年生 9 100.83%
小学校5年生 10 101.59%
小学校6年生 11 99.35%
中等教育合計 12-17 87.70%
前期中等教育 12-14 95.77%
中等学校1年生 12 100.16%
中等学校2年生 13 97.03%
中等学校3年生 14 90.25%
後期中等教育 15-17 79.53%
中等学校4年生(高等学校1年生) 15 86.11%
中等学校5年生(高等学校2年生) 16 75.25%
中等学校6年生(高等学校3年生) 17 77.27%
高等教育合計 18-21 49.46%
大学等1年生 18 69.46%
大学等2~4年生 19-21 43.22%
The statistics of population by age 2008~2018

※就学率が100%を超えるのは、当該年齢以外の学生や外国人が就学しているため。
※小学校準備クラスは、幼稚園に通っておらず、そのまま小学校へ上がると困ると思われる生徒用に、学校によって設けられている。
※義務教育は小学校および中学校1~3年

出典: Statistics of population: The statistics of population by age, Bureau of Registration Administration, Department of Local Administration

2019年 港別 タイ人入国者数ベスト10

2019年度訪日タイ人数は、2018年度の16%増で約135万人となり、3年連続で100万人超えです。
中部が羽田を逆転しました!

1月 2月 3月 4月 5月 6月
2018年度総数 85,397 83,854 118,411 151,327 106,333 75,457
2019年度総数 95,852 110,018 149,893 167,923 110,818 65,293
前年同月比 12%↑ 31%↑ 27%↑ 11%↑ 4%↑ -13%↓
1 成田(空港) 42,151 47,042 63,168 68,168 47,697 28,179
2 関西(空港) 21,227 22,982 32,622 41,615 26,825 14,314
3 新千歳(空港) 14,739 18,612 22,358 17,142 8,468 5,944
4 中部(空港) 6,626 8,891 12,624 15,123 10,690 4,911
5 羽田(空港) 6,443 7,148 10,278 15,646 9,759 5,998
6 福岡(空港) 1,793 2,240 5,764 6,766 4,333 2,616
7 那覇(空港) 2,500 2,397 2,434 2,511 2,572 2,931
8 仙台(空港) 14 5 235 176 16 23
9 広島(空港) 136 43 116 128 137 62
10 鹿児島(空港) 23 24 140 109 101 73

 

7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
2018年度総数 76,257 51,017 56,461 119,823 105,042 130,052 1,159,431
2019年度総数 75,396 53,572 64,305 147,624 142,574 166,892 1,350,160
前年同月比 -1%↓ 5%↑ 14%↑ 23%↑ 36%↑ 28%↑ 16%↑
1 成田(空港) 30,037 24,607 29,606 59,389 56,663 60,223 556,930
2 関西(空港) 15,810 10,659 14,357 36,505 37,381 36,318 310,615
3 新千歳(空港) 11,743 4,985 3,780 15,175 14,121 26,847 163,914
4 中部(空港) 4,124 3,215 4,195 11,795 14,342 15,568 112,104
5 羽田(空港) 6,741 4,670 5,464 12,818 8,722 12,425 106,112
6 福岡(空港) 3,868 2,919 4,309 8,247 6,759 8,442 58,056
7 那覇(空港) 2,707 2,067 2,216 3,026 1,590 2,839 29,790
8 仙台(空港) 6 20 31 329 2,632 2,767 6,254
9 広島(空港) 64 51 100 106 143 475 1,561
10 鹿児島(空港) 16 58 15 34 35 225 853

出典:出入国管理統計統計表

2018年 港別 タイ人入国者数ベスト10

2018年度訪日タイ人数は、2017年度の14%増で約116万人となり、2年連続で100万人を超えました!
新千歳空港からの入国が伸びています。

1月 2月 3月 4月 5月 6月
2017年度総数 68,105 77,068 113,684 141,090 91,251 53,711
2018年度総数 85,397 83,854 118,411 151,327 106,333 75,457
前年同月比 25%↑ 9%↑ 4%↑ 7%↑ 17%↑ 40%↑
1 成田(空港) 35,914 34,186 50,633 67,568 48,194 38,015
2 関西(空港) 23,242 22,471 29,922 32,355 22,655 13,596
3 新千歳(空港) 9,559 10,648 13,528 16,326 12,046 10,081
4 羽田(空港) 7,161 6,500 10,464 15,585 9,127 5,488
5 中部(空港) 4,794 4,973 6,543 8,639 6,611 3,665
6 福岡(空港) 2,156 2,262 4,185 6,616 3,968 1,697
7 那覇(空港) 2,199 2,150 2,634 3,137 2,877 2,654
8 広島(空港) 59 44 107 115 123 61
9 仙台(空港) 9 256 28 40 234 26
10 博多 7 12 119 289 197 19

 

7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
2017年度総数 58,529 39,552 51,303 105,361 96,453 117,173 1,013,280
2018年度総数 76,257 51,017 56,461 119,823 105,042 130,052 1,159,431
前年同月比 30%↑ 29%↑ 10%↑ 14%↑ 9%↑ 11%↑ 14%↑
1 成田(空港) 35,239 24,818 30,460 55,528 43,875 51,438 515,868
2 関西(空港) 12,389 8,463 7,929 27,125 30,772 31,043 261,962
3 新千歳(空港) 14,344 7,772 5,319 13,038 7,064 19,880 139,605
4 羽田(空港) 6,314 4,451 5,264 11,418 8,076 9,917 99,765
5 中部(空港) 3,090 1,873 3,296 6,354 9,551 9,357 68,746
6 福岡(空港) 1,957 1,103 2,162 3,456 3,758 3,994 37,314
7 那覇(空港) 2,641 2,201 1,743 2,464 1,706 2,979 29,385
8 広島(空港) 63 85 112 155 72 477 1,473
9 仙台(空港) 2 6 1 8 9 295 914
10 博多 94 75 4 29 15 22 882

出典:出入国管理統計統計表

2017年 港別 タイ人入国者数ベスト10

2016年度訪日タイ人数はそれまでの史上最高の92万6千人でしたが、2017年はさらに前年比9%増、
史上初の100万人越えとなりました!

1月 2月 3月 4月 5月 6月
2016年度総数 63,835 63,244 101,793 133,681 87,129 49,245
2017年度総数 68,105 77,068 113,684 141,090 91,251 53,711
前年同月比 7%↑ 22%↑ 12%↑ 6%↑ 5%↑ 9%↑
1 成田(空港) 32,085 36,042 52,879 63,828 40,410 25,954
2 関西(空港) 14,651 15,567 24,012 36,101 22,441 12,198
3 羽田(空港) 6,102 6,520 10,133 14,565 9,129 5,385
4 新千歳(空港) 9,487 10,889 11,862 10,212 6,282 3,759
5 中部(空港) 3,648 4,498 6,081 6,978 5,911 3,248
6 福岡(空港) 1,569 1,557 5,146 5,408 4,231 1,396
7 那覇(空港) 229 1,306 3,199 3,263 2,034 1,493
8 仙台(空港) 11 259 15 22 259 26
9 広島(空港) 85 27 62 127 85 36
10 博多 6 9 16 19 30 36

 

7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
2016年度総数 63,115 38,029 38,029 99,892 82,351 97,875 926,688
2017年度総数 58,529 39,552 51,303 105,361 96,453 117,173 1,013,280
前年同月比 -7%↓ 4%↑ 10%↑ 5%↑ 17%↑ 20%↑ 9%↑
1 成田(空港) 25,374 17,925 22,765 47,713 43,721 52,885 461,581
2 関西(空港) 11,963 7,345 11,604 25,185 29,033 32,323 242,423
3 羽田(空港) 6,261 4,600 5,909 12,353 7,717 9,441 98,115
4 新千歳(空港) 7,853 3,872 2,530 7,497 3,926 8,128 86,297
5 中部(空港) 2,833 2,128 2,392 5,333 6,207 6,104 55,361
6 福岡(空港) 1,850 1,473 2,933 3,553 3,373 4,612 37,101
7 那覇(空港) 1,999 1,841 2,652 3,363 2,173 2,983 26,535
8 仙台(空港) 5 9 18 12 8 280 924
9 広島(空港) 84 63 58 46 54 105 832
10 博多 78 129 263 87 11 6 690

出典:出入国管理統計統計表

2016年 港別 タイ人入国者数ベスト10

2015年度訪日タイ人数は史上最高の82万人でしたが、2016年度は11月まででそれを超えました。
12月は伸び悩み、最終的には史上最高の93万人弱で着地しそうです。
7月までの合計で鹿児島がランクイン。
12月は速報値です。

    1月 2月 3月 4月 5月 6月
  2015年度総数 47,295 45,790 94,682 120,540 83,518 45,143
  2016年度総数 63,835 63,244 101,793 133,681 87,129 49,245
  前年同月比 35%↑ 38%↑ 8%↑ 11%↑  4%↑ 9%↑ 
1 成田(空港) 25,081 26,027 43,867 55,934 35,106 18,777
2 関西(空港) 13,503 14,030 21,985 32,712 22,185 13,805
3 羽田(空港) 6,021 5,979 10,477 15,945 9,904 5,610
4 新千歳(空港) 8,882 9,048 10,819 9,729 7,204 4,613
5 中部(空港) 4,649 3,712 6,380 9,248 6,803 3,592
6 福岡(空港) 4,319 3,456 7,316 8,074 5,029 2,375
7 那覇(空港) 566 369 562 743 520 130
8 広島(空港) 83 19 116 164 41 30
9 鹿児島(空港) 219 1 25 38 51 60
10 熊本(空港) 279 17 25 145 0 1

 

    7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
  2015年度総数 53,524 34,551 36,324 87,554 77,996 95,120 822,037
  2016年度総数 63,115 38,029 46,499 99,892 82,351 97,875 926,688
  前年同月比 18%↑ 10%↑ 28%↑ 14%↑ 6%↑ 3%↑ 13%↑ 
1 成田(空港) 25,658 18,876 22,816 46,000 36,186   354,328
2 関西(空港) 14,493 7,639 10,356 23,830 23,957   198,495
3 羽田(空港) 6,746 3,978 5,103 10,761 7,075   87,599
4 新千歳(空港) 9,563 3,667 2,817 9,260 5,365   80,967
5 中部(空港) 3,173 1,767 2,132 5,608 5,528   52,592
6 福岡(空港) 2,979 1,758 2,761 3,598 3,414   45,079
7 那覇(空港) 251 133 260 421 466   4,421
8 広島(空港) 71 58 60 141 63   846
9 鹿児島(空港) 4 23 29 73 98   621
10 熊本(空港) 0 0 0 0 0   467

 

出典:出入国管理統計統計表

ラオス・ヴィエンチャンに「co-ワーキング/シェアオフィス」誕生!

日本ではなかなか情報が収集し辛いラオスの首都ヴィエンチャンにも、いよいよ「co-ワーキング/シェアオフィス」が誕生します。
これだけでも視察出張や開業準備が便利になることは間違いありませんが、このオフィスは「よろずサービス付き」です。

ほかの東南アジア諸国では当たり前に探せるサービスが、現在のラオスではラビリンス状態。
「ラオスならではの不自由を解消し、仕事環境を効率的かつ快適ににする、なんでも相談所&マッチング交流スペース的なオフィスサービスです」とのこと。
2017年1月サービスイン! 期待大です。

Lao‒Japan Gateway 事務局: 村松サトシ、Dola、磯島 (laojapan.gateway@gmail.com)

Lao-JapanGateway