内田クレペリン検査の「攻略」

内田クレペリン検査が実施されることを事前に知った受検者は、「内田クレペリン検査 攻略」といったキーワードでインターネット検索して、「こんな結果を出せばいい」といった攻略ページを見つけることがあるかもしれません。
そのような場合、実施者は「攻略的な受検態度は全くお勧めしない」と言ってあげてください。

内田クレペリン検査の判定結果には、「良し悪し」という判断がありません。
仮に、作業曲線の形や作業量を受検者が希望通りに操作できたとしても、実施者側が求めている働きぶり(「能力面の特徴」と「性格・行動面の特徴」)と合っていなければ、それはミスマッチという判断になります。

特に「作業曲線」の形を操作的に作ろうとする行為は、不自然な検査結果につながります。
また、「作業量」を増やそうと事前に何度も何度も練習する行為も、限界があってあまり意味がないだけでなく、無理をすることで本来の働きぶりを見出せなくなってしまいます。



海外での外国人採用にも日本国内の日本人採用と全く同じように使用することができる作業検査法適性検査・パーソナリティ検査
「内田クレペリン検査」のご依頼は、各国・地域の最寄りの販売店にご相談ください。

東アジアの販売店

東南アジアの販売店

南アジアの販売店

  • インド
    Pasona India(グルグラム、チェンナイ、ベンガルール)

最寄りの販売店が見つからない、複数の地域での実施をご希望、などの場合はフォームからお気軽にお問い合わせください。