内田クレペリン検査の「対策」

内田クレペリン検査は心理テストの中でも「作業検査法」に分類され、エネルギー消費の生理的制御装置の動きについての検査ということもできます。
極端な睡眠不足や疲労時には検査に影響が出ることがありますので、正しい判定結果を得るための対策は、受検者のコンディションを整えることです。
前日はゆっくり睡眠をとって、疲労などが残っていない状態で受検してもらってください。
検査実施のタイミングとしては、仕事やほかのテストの前が最適です。



海外での外国人採用にも日本国内の日本人採用と全く同じように使用することができる作業検査法適性検査・パーソナリティ検査
「内田クレペリン検査」のご依頼は、各国・地域の最寄りの販売店にご相談ください。

東アジアの販売店

東南アジアの販売店

南アジアの販売店

  • インド
    Pasona India(グルグラム、チェンナイ、ベンガルール)

最寄りの販売店が見つからない、複数の地域での実施をご希望、などの場合はフォームからお気軽にお問い合わせください。