シーン別ご利用例 -人材採用・配置ー

こんな方へおすすめ

  • 自社に最適な人材を採用したい
  • 面接だけではわからないその人の本質的な特徴を知りたい
  • その人の働き方の特徴を入社前に知りたい
  • 客観的な検査で自社の最適配置を検討したい

「本当の個性」を見抜く

みなさんの会社では、人材を採用するときにどんな方法で選んでいますか?
面接や質問に答えてゆくタイプの適性検査では、みんな同じように見えてしまう。回答が本心かどうかわからない。そんな話題をよく耳にします。
採用担当者は、ひとりひとりユニークな個性を見きわめ、自分の会社が求めるダイヤモンドの原石を発掘しようと日々頭を悩ませているはずです。

客観的な検査結果が、
採用後の仕事の成績を予測する

ここでちょっと専門的な研究をご紹介しましょう。
1998年にアメリカで発表された研究(ハンター、シュミットの研究)で、採用時に客観的な検査(知能検査)を用いることに意味があるか、という問いに端を発した研究です。検査だけでなく、履歴書や面接などいろいろな採用時の基準をとりあげ、採用基準の成績とその後の仕事の成績との相関を測りました。
その結果をみると、もっとも相関が高かったのは「試用期間の観察」で、その次に高かったのが「客観的な検査」と「構造的な面接(すべての人に同じ質問を行う面接)」の成績でした。いっぽう、あまり相関が高くなかったのは「履歴書」や「経験」、「非構造的な面接」などの結果でした。
この研究では、もしアメリカの公務員の採用において客観的な検査を用いないとすれば、その生産性の損失は約156億ドル(当時のレートだと1兆7,000億円!?)にのぼると試算しています。
これは、なかなか大きなインパクトですね。

内田クレペリン検査は、50分間で実施できる「インターンシップ」

上記の研究では知能検査が対象でしたが、じつは内田クレペリン検査は知能検査とも高い相関があります。
さらに知能検査とは異なる側面も見ることができます。
受検者がその能力を、どんなふうにコントロールして発揮するクセがあるのかという面です。
「能力」と「コントロール」。このふたつの側面をかけあわせた特徴を「働きぶり」と呼んでいます。
内田クレペリン検査は、受検者にモデル化した仕事(作業)を遂行させる、つまり実際のストレス(負荷)をかけることで、受検者の「働きぶり」を予測することができます。
さすがに「試用期間の観察」ほどの精度は望めないかもしれませんが、いわば「50分間のインターン」ともいえる検査です。
応募者の隠された「働きぶり」の個性を、ぜひ内田クレペリン検査で発見してください。
(※検査にかかる時間は、やり方の説明+練習+本検査、合わせて約50分間です)



海外での外国人採用にも日本国内の日本人採用と全く同じように使用することができる作業検査法適性検査・パーソナリティ検査
「内田クレペリン検査」のご依頼は、各国・地域の最寄りの販売店にご相談ください。

東アジアの販売店

東南アジアの販売店

南アジアの販売店

  • インド
    Pasona India(グルグラム、チェンナイ、ベンガルール)

最寄りの販売店が見つからない、複数の地域での実施をご希望、などの場合はフォームからお気軽にお問い合わせください。