「タイ法人経営実務情報」カテゴリーアーカイブ

BOI現行恩典の申請は年内締め切り

2014年11月25日のBOI(タイ王国投資委員会)本会議にて、新7か年投資奨励政策が承認されました。最終的な奨励業種など具体的な発表は今後を待たなければなりませんが、少なくとも現行恩典の申請は年内までとなります。 新政 … 続きを読む BOI現行恩典の申請は年内締め切り

被用者社会保障制度(SSS)老齢年金給付開始

2014年から給付開始予定とされていた、被用者社会保障制度(SSS)の老齢年金給付が予定通り開始されました。 老齢年金の拠出金は毎月の社会保険料の中に含まれていますので、タイで働く日本人も、原則加入できないサイン権者を除 … 続きを読む 被用者社会保障制度(SSS)老齢年金給付開始

WP.10 (ตท.10) 「15日以内の緊急業務届」について

これまでほとんど無視されていた「15日以内の緊急業務届」が俄かに脚光を浴びてきましたので、労働省の担当官に最新情報を確認いたしました。 ビザの種類を問わず申請可能ビザなし含む 申請は入国後入国審査は移民局の管轄なのでBビ … 続きを読む WP.10 (ตท.10) 「15日以内の緊急業務届」について

8月11日が休日に指定され9日から12日まで4連休に

国家平和秩序評議会(タイの現在の軍事政権)は7月2日、スポーツ・観光省の提言を受け、観光を促進し経済発展を促すため、2014年8月11日(月)を休日と発表しました。8月12日(火)は王妃誕生日(母の日)の祝日のため、政府 … 続きを読む 8月11日が休日に指定され9日から12日まで4連休に

ビザなしタイ入国要件の厳格化

タイの移民法・外国人就労法に則って、適切な外国人社員・出張者の管理をされている会社には関係のない話ですが、報道されております通り、2014年8月12日から空路でのビザなしタイ入国の要件が厳格化される模様です。 แนวทา … 続きを読む ビザなしタイ入国要件の厳格化

主要な規制法と投資奨励法

タイへ進出するにあたり、最初に知っておかなければならない法律です。   主要な規制法 投資奨励法 外国人事業法 外国人が行ってはならない「事業」を定めた法律 規制されないのは純粋な製造業のみで、それ以外の「事業 … 続きを読む 主要な規制法と投資奨励法

非公開株式会社と公開株式会社

タイの株式会社は、非公開株式会社と公開株式会社の2種類があり、それぞれの特徴を簡単にまとめると次のようになります。 非公開株式会社 株式公開を予定していない株式会社(ほとんどの企業はこちら) 社名表記は、บริษัท(ボ … 続きを読む 非公開株式会社と公開株式会社

日本の法人登記簿を在京タイ王国大使館で認証する

日本法人がタイ法人の株主になったり、タイの国営企業や大企業と法人契約を結んだりする際に、日本法人の登記簿を提出する必要が発生する場合があります。日本の法人登記簿は日本語で記載されていますので、当然そのままでは受け取ってく … 続きを読む 日本の法人登記簿を在京タイ王国大使館で認証する

2014年度タイ社会保険料は雇用者・被雇用者ともに5% 料率引き下げ終了で

2012年度、2013年度の時限措置であった社会保険料率引き下げが予定通り終了しました。2014年1月支給給与から本来の料率が適用されます。 実務上は、1月納付分は旧料率4%のまま(2013年12月支給給与に対する社会保 … 続きを読む 2014年度タイ社会保険料は雇用者・被雇用者ともに5% 料率引き下げ終了で