【新型コロナ】隔離なし サムイ・プラス最新情報 ※更新停止

2021年11月1日から新しいサンドボックス制度がスタートします。
2021年11月以降の渡航情報はこちらをご覧ください。

2021年7月15日より、入国14日以上前に発行されたワクチン接種証明書(タイ保健省又はWHOが承認したものに限る)保有者は、サムイ国際空港からタイへ入国する場合またはバンコク経由の承認されたフライトでサムイ島へ到着する場合に限り、隔離なし(ホテルからの外出は4日目以降可能)でサムイ島に滞在することができ、8日目以降はパンガン島またはタオ島のSHA+ホテルに移動することができます。

所定のPCR検査で陰性であれば、サムイ島(およびパンガン島、タオ島)に14日間(2021年10月1日以降に入国する場合7日間)以上滞在後、タイの他地域への移動が認められます。

サムイ・プラス・サンドボックスについて

以下は、更新日時点の状況です。

  • 2021年10月1日以降の入国から、所定のPCR検査で陰性であれば7日間以上サムイ島滞在後、タイの他地域への移動が認められます。
  • 7月1日付で、日本は高リスク国から中リスク国に認定されました。
    タイ保健省による国別リスクは15日ごと(毎月1日と16日)に更新されます。
  • 日本の空港を発ち、バンコク・スワンナプーム国際空港で乗り継ぐ場合、以下の承認されたバンコク-サムイ-バンコクのフライトと組み合わせて、国際線と同じ予約で発行する必要があります。
    ※別々に予約したフライトは使用できません。また、預け荷物はサムイ島にチェックスルーされなければなりません。
  • サムイ・プラスの下、日本の空港から第三国の空港を経由してサムイ国際空港に向かうことが可能です。
    ただし航空会社にサムイ国際空港への乗り継ぎが可能かどうか予め確認が必要です。
  • 入国後の1~7日目はSamui Extra+ 基準の承認を受けたホテル、8~14日目は SHA+ 基準の承認を受けたホテルにて滞在が義務付けられます。
  • Samui Extra+は、AQ(以前のALQホテル)システムとの差別化を図るため、サムイ・プラス・プログラムの旅行者向けに特別に割り当てられています。
    Samui Extra+のすべてのホテルは、タイ王立大使館/総領事館の入国証明書(COE)申請の処理について、外務省によって承認されています。
  • SHA+(SHAプラス)とは、従来の衛生管理の他、全従業員の70%がワクチン接種を完了していることを保証するタイ政府の安全基準です。
  • COE、COVID-19カバー保険等のルールは、通常の入国と同様です。在京タイ王国大使館のウェブサイトを確認してください。