【新型コロナ】日本人ビジネス渡航のためのタイ入国情報(2022年5月1日~6月30日)

2022年5月1日以降の日本人ビジネス渡航のためのタイ入国情報です。
2022年7月1日以降の渡航情報はこちらをご覧ください。

最新情報

  • 7月1日以降、タイランドパスおよび10,000米ドルの健康保険要件が廃止されます。
    外国人は入国時に、ワクチン接種証明書または、旅行から72時間以内のRT-PCR陰性または専門的なATKテスト結果、のいずれかの証明を提示する必要があります。
  •  6月1日以降、タイから日本に入国する際の水際措置が緩和されました。
    1. 入国後の待機期間等
      タイから日本に入国する場合、ワクチン接種の有無を問わず、入国時検査および入国後の自宅等待機はありません。
    2. 入国に際する必要書類等
      搭乗前72時間以内の検査証明書は引き続き取得が必要です。
    3. ファストトラックの利用
      ファストトラック(入国必要書類の事前登録制度)は引き続き利用可能です。
  • 2022年6月1日から、タイ入国に必要なタイランドパスのQRコード発行が簡素化されました。
    必要事項をアップロードすると、登録完了後1〜2時間以内にQRコードが届きます。
  • 2022年5月1日、タイ入国条件が緩和されました。
    ワクチン完全接種者は、日本出発前のRT-PCR検査陰性証明もタイ到着後の検査も不要です。
    また、ワクチン未接種者も、タイランドパスから出発前72時間以内のRT-PCR検査陰性証明をアップロードできる場合、ワクチン完全接種者同様に扱われます。
    疾病保険の最低補償額が2万米ドルから1万米ドルに減額されました。
  • 2022年7月31日まで、タイ政府により非常事態令が継続中です。

タイビジネス入国に関する最新かつ完全な情報は在京タイ王国大使館ウェブサイトまたはタイ王国大阪総領事館ウェブサイトをご覧ください。

ビジネス目的でタイ入国が可能な者

ビジネス目的の場合は、現地での活動内容に応じて、ノンイミグラント-B (就労/ワーキング)ビザ、ノンイミグラント-B (ビジネス/投資家)ビザ、またはABTC(APECビジネストラベルカード)が必要です。
日本人のビザなし渡航が可能なのは「観光目的」のみです。
なお、タイで出国前に取得した再入国許可が有効な場合は新たなビザは不要です。

  1. タイ国籍を保持しない者で、有効な労働許可を保持している、または法令によって王国での労働が許可されている者、またこれらの配偶者および子供、もしくは、雇用者ないしは王国内で外国人を労働せしめる許可を有する者の下で、王国内への一時的滞在および労働の許可が与えられた外国人労働者。
  2. タイ国籍を有しない者で、外国との特別な合意事項(special
    arrangement)に則して王国へ入国することが許可された者、もしくは、政府対策本部内の規制緩和に関する検討特別委員会の提案およびスクリーニングに基づいて首相から許可を与えられた個人ないし団体。ただし、上述の特別委員会が定めた感染予防の措置に従わなければならない。

ビジネス目的でタイへ渡航するための手順

    1. ビザ申請(必要な場合のみ)
      http://vabo.thaiembassy.jp/vabo/index.php にて事前予約。
      ビザ申請日までに搭乗便の航空券もしくは予約確認書 (E-Ticket Reservation)の受領が完了していないと、申請は受理されませんのでご注意ください。
      ノンイミグラント-BまたはIB VISA申請者は、下記のいずれかが必要です。
      • 労働許可証(Work Permit)見本1 ・見本2 
      • タイ労働福祉省雇用部門発行のThe letter of consideration of` Work Permit “Form WP 3”見本 
      • BOIタイ投資委員会)からのビザ申請承認状※見本1見本2 
      • IEAT(タイ工業団地公社)の証明書※見本
    2. 航空券を購入
    3.  滞在期間中の1万米ドル以上もしくはそれに相当する治療補償額の英文医療保険証書を用意
      • タイの社会保険に加入しているタイ在住外国人については、その証明としてSSOカードを提示することにより、上記の医療保険に加入する必要はありません。
      • 保険期間はタイ滞在全期間を対象とすること。
        帰国便が決まっていないか、1年以上タイで滞在を希望する場合、保険期間は1年以上でなければなりません。。
      • 海外医療保険証には新型コロナウイルス関連疾病治療費を付保することを確認し、明確に記載しなければならない。
        例文:COVID-19 is covered by “Medical Expenses” or “Medical and Rescuer’s Expenses.”
      • 要件を満たしていれば保険会社は任意です。
    4. タイランドパス登録
      タイランドパスの登録は https://tp.consular.go.th/よりオンラインで行います。
      タイランドパスのQRコードが発行されますので、航空会社やタイの国境管理官に提示してください。

ワクチン未接種/未完了者の入国

  1. タイランドパスから出発前72時間以内のRT-PCR検査陰性証明をアップロードできる場合、ワクチン完全接種者同様、タイ到着後の検疫は不要です。
    • RT-PCR 検査を受け、英文陰性証明書(出発前72時間以内発行が必要)をタイランドパスにアップロード。
  2. 出発前72時間以内のRT-PCR検査陰性証明を提出できない場合、タイ到着後5日間の検疫が必要です。
    • SHAエクストラプラス(SHA++)認定またはAQホテルを5泊以上予約して、RT-PCR検査1回分の費用をを含む、全額支払い済み証明のある予約証をタイランドパスにアップロード。