タイのコンドミニアム・アパート探しについて(現地採用向け)

今回は、タイのコンドミニアム・アパート探しについて。

★☆★タイの不動産賃貸契約はとても簡単です★☆★
☆★☆2か月分の保証金・1ヶ月分の前家賃を払えば即契約可能☆★☆

タイと比較すると、日本の不動産賃貸契約のいかに面倒なことか。。。
保証人・保証会社、火災保険、ガスの開栓、電気・電話の開通と、やるべきことがたくさんあって、契約が済んでもすぐに入居はできませんね。

それに比べて、タイの賃貸契約は“外国人でも”とっても簡単です。
パスポートのコピーと契約書にサイン(もちろん内容をよく確認)して、2か月分の保証金・1ヶ月分の前家賃を払えば即引き渡し。
最低限必要な設備はそろっていますので、寝具を買って来ればその日から新居での生活を始められます。

探し方はというと、月額2万バーツ(約6万円弱)以上の物件を探すなら、迷うことなくバンコクにたくさんある日系不動産会社へ。
相談に乗ってくれる上、冷房の効いた車でお薦め物件を案内してくれることでしょう。
アパートやお部屋のオーナーが不動産会社に紹介料を支払いますので、紹介費用も一切かからずとっても便利です。
住みたい地域が決まっている場合は、このサイトで大体の目星をつけておき、具体的に相談すると良いでしょう。
http://room.amazingthailand.jp/

2万バーツ未満の物件を探す場合は、足と勘が頼りです。
バンコクを歩き回っていると、アパートが密集している地域がある事にすぐに気がつくと思います。
外観や警備員がいるいないなどで、まず見た目や安全性の善し悪しを判断し、ここだと思ったら、即受付で案内を乞います。

สวัสดีครับ/ค่ะ มีห้องว่างไหมครับ/ค่ะ?
「サワッディー・クラップ。ミー・ホン・ワーン・マイ・クラップ?」
(あなたが女性なら「クラップ」ではなく「カー」)

このタイ語だけは、必ず覚えておきましょう!
返事が「ミー」なら「有り」、「マイミー」なら「無い」ということです。

空いている部屋があればすぐに案内してくれますので、室内や水回り、ネット環境などをチェックします。
そこをキープして他も回る場合は、人気があるアパートはすぐに埋まってしまうので、すぐにまた戻って来る旨必ず伝えておきましょう。

“自力アパート探し初心者”は、アソーク通りの北につながるラチャダーピセーク通り周辺がお薦め。
地下鉄MRTタイカルチャーセンター駅フアイクワーン駅で降りて、ラチャダーピセーク通りのソイ(大通りの枝道)に片っ端から入ってみれば、新しくて安いアパートをすぐに見つけることができるでしょう。
他に安いアパートが多い地域は、高架鉄道BTSのビクトリーモニュメント駅周辺や、同じくBTSのオンヌット駅周辺など。



海外での外国人採用にも日本国内の日本人採用と全く同じように使用することができる作業検査法適性検査・パーソナリティ検査
「内田クレペリン検査」のご依頼は、各国・地域の最寄りの販売店にご相談ください。

東アジアの販売店

東南アジアの販売店

南アジアの販売店

  • インド
    Pasona India(グルグラム、チェンナイ、ベンガルール)

最寄りの販売店が見つからない、複数の地域での実施をご希望、などの場合はフォームからお気軽にお問い合わせください。