【新型コロナ】日本人ビジネス渡航のためのタイ入国情報(2022年7月1日~)

2022年7月1日以降の日本人ビジネス渡航のためのタイ入国情報です。

最新情報

  • 日本時間9月7日(水)午前0時以降、有効なワクチン接種証明書を保持している日本帰国者は、出国前72時間以内の陰性証明書の提出が不要となります。
    有効なワクチン接種証明書を保持していない場合は、引き続き出国前72時間以内の陰性証明書の提出が必要です。
  • タイランドパスおよび10,000米ドルの健康保険要件が、6月30日をもって廃止されました。
    7月1日以降は、出発空港チェックイン時に、英文ワクチン接種証明書または、旅行から72時間以内の英文非感染証明書(医療機関によるRT-PCRまたはATK検査結果)のいずれかを提示する必要があります。
    入国時には、タイ疾病管理局により書類審査が無作為に実施されます。書類不備が発覚した場合は現地職員の対応及び指示に従ってください(検査や隔離費用は自費)。
  •  6月1日以降、タイから日本に入国する際の水際措置が緩和されました。
    1. 入国後の待機期間等
      タイから日本に入国する場合、ワクチン接種の有無を問わず、入国時検査および入国後の自宅等待機はありません。
    2. 日本入国に際する必要書類等
      搭乗前72時間以内の検査証明書は引き続き取得が必要です。
    3. ファストトラックの利用
      ファストトラック(入国必要書類の事前登録制度)は引き続き利用可能です。
  • 2022年9月30日まで、タイ政府により非常事態令が継続中です。

タイビジネス入国に関する最新かつ完全な情報は在京タイ王国大使館ウェブサイトまたはタイ王国大阪総領事館ウェブサイトをご覧ください。

ビジネス目的でタイ入国が可能な者

日本人のビザなし渡航が可能なのは「観光目的」のみです。
ビジネス目的の場合は、現地での活動内容に応じて、ノンイミグラント-B (就労/ワーキング)ビザ、ノンイミグラント-B (ビジネス/投資家)ビザ、またはABTC(APECビジネストラベルカード)が必要です。
なお、前回タイ出国前に取得した再入国許可が有効な場合は新たなビザは不要です。

  1. タイ国籍を保持しない者で、有効な労働許可を保持している、または法令によって王国での労働が許可されている者、またこれらの配偶者および子供、もしくは、雇用者ないしは王国内で外国人を労働せしめる許可を有する者の下で、王国内への一時的滞在および労働の許可が与えられた外国人労働者。
  2. タイ国籍を有しない者で、外国との特別な合意事項(special
    arrangement)に則して王国へ入国することが許可された者、もしくは、政府対策本部内の規制緩和に関する検討特別委員会の提案およびスクリーニングに基づいて首相から許可を与えられた個人ないし団体。ただし、上述の特別委員会が定めた感染予防の措置に従わなければならない。

ビジネス目的でタイへ渡航するための手順

    1. ビザ申請(必要な場合のみ)
      https://www.thaiconsularservice.jp/tokyo-visa/ にて事前予約。
      ビザ申請に必要な書類
    2. 出発空港チェックイン時
      ワクチン接種を規定の回数終えている方はワクチン接種証明書(英文)の提示。
      ワクチン未接種、もしくは規定の回数終えていない方は渡航前 72 時間以内に発行された抗原検査(Professional ATK)またはRT-PCR 検査による新型コロナウィルス非感染証明書(英文)の提示。
      日本からの出国時に航空会社が渡航者の書類を確認します。

      • ワクチン接種は、タイ王国保健省により許可承認されたワクチン及び規定回数でなければなりません。
      • ワクチン接種証明書(英文)は、渡航日の14日前までに新型コロナウィルスワクチン接種を規定の回数終えている必要があります。
      • ワクチン接種証明書(英文)は、国の公的機関・地方自治体により発行されたもので、氏名・生年月日・国籍・パスポート番号・ワクチン接種詳細の全回数分が記載されているものを準備。
        スマートフォンのアプリは必要時に表示できないリスクがあるので、紙版ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)が推奨されます。
      • 抗原検査(Professional-ATK)または RT-PCR検査による新型コロナウィルス非感染証明書(英文)は、病院等の医療機関で検査したもので、検査医師の直筆サイン入りである必要があります。
        原本持参。
    3. タイ到着後、疾病管理局により書類審査が無作為に実施されます。
      (書類不備が発覚した場合は現地職員の対応及び指示に従ってください。また、発熱症状等がある場合は自費にてRT-PCR検査または抗原検査の実施が必要になる場合があります。自費)