日本企業の海外進出、特にアジアへ進出する際、まさに“保険をかける”ことは必須ですが、いざかけるとしても、

  • 日本本社がかけているのと同様・同額の保険に現地で加入できるのか
  • 日本ではまず起きないアジア特有のリスクに対応できるのか
  • 現地の保険会社は充分に対応してくれるのか

といった心配があります。
実際問題として、言葉や法体系、経済状況等の違いから、現地で日本と同様の保険サービスを受けることは難しいようです。

今回発表された、AIU損害保険のWorldRisk®は、海外拠点のリスクをカバーする保険を日本で集中してコントロールすることができ、現地でも日本語で対応できるところが最大の特徴です。

WorldRisk®の特長(AIU損害保険の資料から)

  • 日本本社で海外拠点のリスクに対応した保険をご契約いただけます
  • 海外におけるリスクを日本で管理することができます
  • リスクによっては、現地保険で対応できない補償をご提供できます
  • 日本の保険担当者を通じて日本語で保険加入手続きを行うことができます
  • 万が一の事故の際も国内の担当者が窓口となり、日本語で事故対応を行います
  • 複数の補償内容を一つの保険証券にまとめ、契約管理を容易にいたします
  • 保険加入に際しての労力、時間、費用を低く抑えることができます

詳細はこちらになります。
(動画)http://www.aiu.co.jp/about_us/news/20130704.htm
(プレスリリース)http://www.aiu.co.jp/about_us/press/2013/13_03_28_1.htm

保険の内容に関しましては、「金融商品の販売等に関する法律」により、弊社ではご説明できませんので、AIU損害保険株式会社 社員をご紹介いたします。お問い合わせください。