タイで販売される保険商品の資料に表示できる額は全て確定額であることをご存知でしょうか。
タイでは法律により、死亡保障額、配当、満期金などの“すべての受取金”は、これを取り扱う保険会社およびタイ保険機構により100%受け取れることが保障されています。

さて、今回ご紹介する「死亡保障付き年金保険」は、日本人でも加入することができますので、日本の年金だけでは不安だという方は検討されてみてはいかがでしょうか。
バーツ建てですので、もちろん為替リスクは考える必要がありますが、高い戻り率が魅力です。

60歳~90歳年金受給プラン(100%確定型)

38歳から59歳まで毎年300,000バーツの積み立て、60歳から90歳まで受け取りの場合、60歳からは毎年532,355バーツの受け取りが保障されます。
すなわち、6,600,000バーツの積み立てに対して、受取額は16,503,017バーツとなり、戻り率250%です。
積み立て中はいつでも解約が可能で、積み立て開始後10年目からは、積み立て累計額よりも解約返戻金の方が大きくなります。
また、死亡保障も付いており、積み立て中だけではなく、年金受け取り開始後も73歳までは死亡保障金を受け取ることができます。
全ての額は確定していますので、詳しくはこちらの資料をご覧ください。

保険引き受けは、タイ証券取引所上場のティパヤ保険会社で、タイ財務省が出資しています。
お問合せはこちらまで。

SRCS INTERNATIONAL CO., LTD.
代表取締役 佐々木扶美 氏
Tel:081-8242-117 (日本から掛ける場合は001-010-66-81-8242-117)
e-mail:thai-ins@live.jp